「聴導犬の仕事を理解するために」

 5月31日、綾瀬市手話サークル あやの会 主催の「聴導犬についての学習会」が開催され大勢の人が参加しました。
 始めに介助犬・聴導犬育成団体のスタッフによる聴導犬についての説明がありました。聴導犬は音が聞こえないなど、日常生活でサポートを必要とする聴覚障がい者に生活で必要な音、例えば、火災報知器、沸騰したやかんの音などを訓練によって様々な音を知らせることが出来るそうです。
 説明後、参加者は2頭の聴導犬の実演を体験、タッチして音を知らせ、音が鳴っている場所まで連れていく様子に参加者たちは感心するばかりでした。

2017年05月31日