長峰の森で「森林学習会」が開催されました

 7月13日・14日の2日間、長峰の森で綾瀬小学校3年生を対象とした「森林観察学習会」が開催され児童160人が参加しました。子どもたちは、同管理委員会の内藤会長から森林の役割についての説明を聞いた後、森の中を散策、カブト虫の養殖場や椎茸の栽培の様子を見学しました。特に手押しポンプでの地下水のくみ上げ体験では、初めて見る手押しポンプに子どもたちは大喜びでした。

森林の役割の説明を聞く子どもたち

散策前に注意事項を聞く子どもたち

カブト虫の養殖場を見学する子どもたち

手押しポンフで地下水のくみ上げを体験

2017年07月13日